with age 92歳の母のぼちぼち介護日記

母の介護を通して、素敵な歳の重ね方を学びます。

🎇MERRY CHRISTMAS💛

f:id:withtheage:20201224192622j:plain
西宮ガーデンズにて

今日はクリスマスです。
ツリーの写真は、12月の初めに西宮ガーデンズで撮りました。

👇これは、母のお気に入りツリー写真です。

f:id:withtheage:20201225092756j:plain
「印刷して頂戴ね」と言っています。


24日の西宮ガーデンズは、大勢の人であふれていました。
から揚げの美味しい『ミュウヘン』には、クリスマスチキンを、
西宮阪急中のケーキ屋さんには、クリスマスケーキを買う人の大行列ができていました。
今日もきっと同じように、混雑していると思います。
そこには【三密】と言う言葉は見当たりません(^^;)


私達小さい子供がいなくなった、リタイヤ夫婦にはクリスマスは
あまり関係ない行事になりました。玄関の扉にクリスマスリースを掛けるぐらいです。
Dinnerも旦那様に骨付きチキンを焼いて、JJからもらったバームクーヘンを食べて、
チャンチャン(^_-)-☆ささやかなクリスマスとしました。


母にとってもそのようです。
母にクリスマスの思い出を聞いても、

「覚えてないわねぇ🙄お正月のことはよく覚えているんだけどねぇ」
と言います。

私の6歳ぐらいの記憶にある、窓際に吊るした靴下の中に、
🖍ペンシルチョコレートだけしか入っていなくて、悲しかった思い出の話をしても、
「お父さんがいれたんでしょうね😷」と、父のせいにします。

確かに、クリスマスは父にまつわるエピソードの方が多い気がします。

父は、当時百貨店に勤めていて、その関係でクリスマスは、
毎年大きなパーティーを主催していたようで、
そのパーティーの残りと思われる、ホールケーキをいくつも持って帰ってきていました。
ですので、私達兄姉はクリスマスケーキ、ホール1個づつを食べていました。

そのケーキは日持ちをさせるためでしょう、🎂バターケーキでした。
それはそれで美味しかったのですが、
後に食べた生クリームのケーキ美味しさに、感動したのを覚えています。

父が百貨店を辞めてからは、アイスのクリスマスホールケーキを、
母は買ってくれていました。

私の子供の頃、アイスのクリスマスケーキが流行ったことがありました。
うちもアイスのでした😄😄😄」と、言われる方もいるのでは…
母はアイスが好きではないので、誰かのリクエストだったんだと思います。

今年は、友人とのクリスマス食事会もなく、
東京へ行って、お正月の準備をすることもなく、日常を送る年末になりました。

来年は、母も私達夫婦も忙しい年末が帰ってくるように祈るばかりです。



🎄最後に母から皆様へ

f:id:withtheage:20201225093438j:plain